ウォルラス・ファリオン







ウォルラス・ファリオン (35〜51)

登場時
数値
成長期 全盛期
年齢 44才 34才まで 51才まで
HP
(強さ)
30.39
(20.26)
-- +0.2099
攻撃力 7.6 -- +0.0759
素早さ 3.28 -- +0.0327
回復 17.4 -- +0.1739
間接
攻撃
-- -- --
攻撃
補助
9.8 -- +0.0979
防御
補助
-- -- --
強さ 58.3 -- --

※数値は管理人独自で割り出したもので推定値です。成長期・全盛期の数値は1年経過するごとに増えていく数値を表しています。





ウォルラス・ファリオン
(955年〜1010年)

声:青野武
職種:僧侶
性別 : 男
年齢 : 44歳(アクラル正暦999年)
種族 : 人間
身長 : 174cm
体重 : 70kg


みなしごであった幼い頃は教会で成長。


信徒たちの道中を警護する

僧兵隊に志願するなどしていた。


「襲われたら退治する」

そんな僧兵隊での

生活に耐えられなくなり、

教会を飛び出し旅に出たウォルラスは、

傭兵家業を生業に生活していく。


そんな中、命を救われる形で

出会ったのがブラッドである。


出会った当初はブラッドに反発する

血気盛んな若者であったが、

ブラッドの葛藤や想い、

真意に触れるうちに惹かれていく。



その後、ブラッドに請われ、

共に自前の部隊(ゴーレム山賊団)を結成。


バルクウェイを拠点に身寄りのない子らを引き取り育てていく事になる。


また、何年も共に戦場に立ち、多くを学んだが、何度となくブラッドに救われる。

一度などは、不死の身にさえ痕が残る、重い傷を負わせてしまった事も・・・


その都度、ブラッドの教えを胸の奥に刻み直した。


“大事なのは間合い、そして退かぬ心”と。


その時の教えを忘れないために、

そばに落ちていた「クガイブナの葉」を

ビンに積めた「お守り」を大事に身に着けている。

※のちに直弟子フリー孫弟子レオへと「ブラッドの教え」とともに受け継がれていく。


自身の老いとブラッドの孤独を気遣う中で、

学び得たことを今後ブラッドの傍らで

支えとなってくれる次なる世代の仲間に伝えることが

自分の使命であると悟り、若い団員を熱心に指導している。


【1008年】
フリーを筆頭に若い団員が育ってきている事もあり、

ブラッドに退団を申し出るも必死の説得を受け残留。


【1010年】
ナグソスサールに襲われ壊滅した

バルクウェイに先遣隊の一人として先行するも、

ジークディーに出くわしジークの一撃を受け、命を落とす。


因みに、ゴーレム山賊団の名称と紋章を考案したのは彼である。






上へもどる


ウォルラス・ファリオン (35〜51)

999年 1000年 1001年 1002年 1003年
HP 30 30 30 31 31
攻撃力 7 7 7 7 7
素早さ 3.28 3.3 3.3 3.3 3.4
回復 17 17 17 17 17
間接
攻撃
-- -- -- -- --
攻撃
補助
9 9 9 10 10
防御
補助
-- -- -- -- --
強さ 58.3 58.9 59.6 60.2 60.7
1004年 1005年 1006年 1007年 1008年
HP 31 32 32 26 20
攻撃力 7 8 8 6 5
素早さ 3.4 3.4 3.5 2.7 1.9
回復 18 18 18 15 12
間接
攻撃
-- -- -- -- --
攻撃
補助
10 10 10 8 6
防御
補助
-- -- -- -- --
強さ 61.2 61.8 62.4 51.3 40.3
1009年 1010年
HP 14 8 -- -- --
攻撃力 3 2 -- -- --
素早さ 1.1 1.0 -- -- --
回復 8 5 -- -- --
間接
攻撃
-- -- -- -- --
攻撃
補助
5 3 -- -- --
防御
補助
-- -- -- -- --
強さ 29.2 18.0 -- --


上へもどる




上へもどる