女神アリア










女神アリア(アリア・ボアル)
(元年?〜1155年前後)

声:皆口裕子
職種:予言を司る女神
性別 :女
年齢 :1000歳程度(アクラル正暦999年)
※"アングアロスの奇跡"の時に生まれたらしい

種族 :精霊
身長 :162cm
体重 :42kg
スリーサイズ B:89 W:57 H:84

ブラッドに“預言書”を託した女神。


ブラッドが不老不死になった

経緯にも関わりを持つ人物。


来るべき大災厄の日を回避すべく、

ブラッドに対して常に

「大義の元にある行動」を求める。


それゆえ、

仲間の幸せも守りたいと願う

ブラッドと衝突することも多い。


当初こそ、短い寿命を生きる

人間の感情がわからず、

ブラッドが憤る理由も

理解できずにいたが、

【1036年】
イヴァレス山脈・雪山行軍での

ブラッドとの一時的な決裂から

次第に本当の意味での人間たちの

未来について考えるようになる。



精霊としての1000年、

戦い抜いた100年の後、

ブラッドと結婚。


アリア・ボアルとなり

共にマリスベイの村に移り住み、

2男1女をもうけ、

つつましく暮らした。


しかし、終生、料理の腕は

あまり上がらなかったそうである。






上へもどる




上へもどる