アルヴィ・ヴォルレード










アルヴィ・ヴォルレード
(1019年〜1090年代前半)

声:折笠富美子
職種: ヴァルキリー
性別 : 女
年齢 : 17歳(アクラル正暦1036年)
種族 : 人間
身長 : 178 cm
体重 : 50 kg
スリーサイズ B:84 W:55 H:83


山間の町フェルミナで入市管理官を務めている。

市長フィリオの一人娘だが、規則遵守の場所柄のせいか、親子関係は希薄で上司と部下としてしか扱われない。

護衛であるサムライのスルギとは幼馴染でもあり、大きな信頼を寄せる。


生真面目で気が強く、しっかりした性格。

規則こそが正しいと信じていたが、後に規則に縛られ苦しむことになってしまう。

職種こそ設定されているが、仲間に加わることはない。



1050年以降、フェルミナの歴史は

「アルヴィ以前」「アルヴィ以後」と呼ばれる。


1054年に父の後を継ぎ、フェルミナ初の女性市長(35歳)となり5期20年を務め、町の発展に尽くす。



スルギが騎士団・退団後、

アルヴィの元に戻ってくるが

周囲の結婚を望む声に反し、

終生その関係は変わらなかったという。


ただ、遺言書にはたった一言

「スルギと同じ墓に入りたい」とあった。


彼女が唯一叶えたスルギへの愛情だった。






上へもどる




上へもどる