マユラ










マユラ
(紀元前?〜1036年)

声:久川綾
性別 : 女
年齢 : ??
職業 : ウルの時計塔 番人
種族 : 神竜族
職種 : ??
身長 : 153cm
体重 : 37kg


人知れず地上に残存していた、

伝説の神竜族。


本名は、

シルベロルサ・ラ・マ・ドラグーン。


時計塔の別名”シルの塔”は、

街の開拓当時、仲間たちに親しまれた彼女の本名からつけられたものである。


水上都市スクーレの心臓部である時計塔を長い間一人で管理していた。


長い間一人で、孤独であったが、

ブラッドとの出会いで心を開く。


だが、1036年のキーディス山脈越えで、

<竜の涙>をブラッドに託したあと、

ブラッドのために同族のディーと戦い、死亡。


彼女がブラッドに渡した<竜の涙>は、

魔法都市ウェローの国立博物館に現存している。


ゲーム中に出てくる話しから推測するに

マユラとディーは姉弟だったのでは?と思います。
(姉は時計塔、弟は火山。父母の話しも一緒に語られていたが覚えていません。)






上へもどる




上へもどる