イゴール・ナヴァロ







イゴール・ナヴァロ (34〜42)

登場時
数値
成長期 全盛期
年齢 34才 33才まで 42才まで
HP
(強さ)
38
(25.2)
-- +0.3799
攻撃力 18 -- +0.1799
素早さ 15.0 -- +0.1499
回復 -- -- --
間接
攻撃
-- -- --
攻撃
補助
-- -- --
防御
補助
-- -- --
強さ 58.2 -- --

※数値は管理人独自で割り出したもので推定値です。成長期・全盛期の数値は1年経過するごとに増えていく数値を表しています。





上へもどる


【隠しキャラ】カルボート・ナヴァロへ


イゴール・ナヴァロ
(1065年〜??)

声:三木眞一郎
職種: 戦士
性別 : 男
年齢 : 34歳(アクラル正暦1099年)
種族 : 人間
身長 : 177cm
体重 : 65kg


剣技だけでなく毒薬、爆薬など殺しの技術のすべてを知る暗殺者。

粗暴かつ冷徹で見る者を震え上がらせるほどの威圧感を持ち、人々から【狂犬】と恐れられている。


口癖は「へっ」「殺す」



【1078年】

マンドラゴラ連続殺人事件


【1082年】

ブトマイン変死事件を起こす。


人を殺す理由は

「他に面白いことがないから。」



【1082年】

戦闘で不覚をとり重症だったイゴールは、

ひょんな事から出会い、介抱してくれた

幼いマキを守るため闇ギルド“奈落”に入る。



さらに成長したマキを

“奈落”から脱退させるため、制裁を受け、

片目を失うなど献身的?な一面も持つ。



その後、王都親衛隊に捕まるが、

【1087年】

牢獄内にてレッドの独占取材を受けるふりをして殴って脱獄。

【黒の霧】や【謎の女】の情報を独自に追い、のちに伝染病【黒の霧】に効果のある薬を作り出す。



【1099年】

キーディス山脈で騎士団と合流。

ブラッドたちと接していく事で、

荒みきった彼の心に変化が訪れる。



黒の災い・ニーザとの戦い後、

「俺も魔物になるのか」という恐怖を抱いていたがマキの言葉に救われる。



1115年の最後の戦いのあとは、

誰に告げるでもなく騎士団を去っていった。

噂ではマキと再度コンビを組み、宛てのない旅に出たという。



※追記※
個人的な事ですが、彼が仲間になった際のガッカリ感は凄まじい物がありました。
1099年に素早くなったガレフもどきが仲間になってもねぇ〜。
「狂犬」という二つ名も色あせて見え、ネット上の「チワワ」という通り名に1票です。


また、神竜族の少女の話しを村の婆さんから聞いたくだりが出てきますが、
このお婆さんユマだったりして・・・とも思いました。


【隠しキャラ】カルボート・ナヴァロへ






上へもどる




上へもどる